レーザー脱毛のメカニズム

レーザー脱毛のメカニズム

医療機関で良く採用されているのがレーザーによる脱毛です。レーザーもエステで利用される光脱毛も原理は一緒なのですが、医療機関のほうが出力が高い高性能なレーザーが利用できるため効果が高いとも言われています。
レーザーを皮膚に照射すると、エネルギーが毛根のメラニン色素にダメージを与え、熱を発生させて毛乳頭を破壊します。毛乳頭は毛が生えてくる元となる部分のため、この箇所が破壊されれば毛が生えてくる事はありません。
気をつけなければならないのが、レーザーの光は毛のメラニン色素だけでなく、皮膚にあるメラニン色素にも反応してしまうため、ホクロやシミがあるとその部分にも熱が加わります。シールを貼ってカバーすれば、ホクロがある箇所でも照射が可能です。通常の皮膚では熱を溜め込みにくく、すぐに熱を放出してくれるためダメージは起こりません。毛根にある色素のみに反応すると言うわけです。
レーザーと一言で言っても光の波長が異なり、シミに効果があるものや、脱毛に効果があるものなど特徴があります。医療機関では複数のレーザーを所有しており、脱毛に適した器具を使い分けてくれます。脱毛器具の違いは一般の方には分かりにくいため、最新の設備を導入している所を選んでみると良いと思います。