光脱毛のメカニズム

光脱毛のメカニズム

エステで採用されている光脱毛は、医療機関のレーザー脱毛と原理は一緒です。光を皮膚に当てる事によって、毛根にある黒いメラニン色素に反応し、毛乳頭を熱で破壊するものです。原理はまったく一緒なのですが、医療機関のレーザーとエステの光脱毛では出力の違いがあります。医療機関は医師が居るため、医療行為である出力の高いレーザーが使用できます。エステは医師は居ないため出力を抑えた光脱毛しか利用出来ません。
光脱毛はIPLと呼ばれる光を利用したもので、弱い光を短時間のみ発光させています。光脱毛で1ショットと呼ばれるのも、カメラのストロボのような発光の仕方をするからです。光脱毛はIPL脱毛・フラッシュ脱毛・プラズマ脱毛など色々な名前で呼ばれることがあります。どれも同じ光を利用したものです。エステでは多少使われている器具は異なるものの、光脱毛ならどこでも原理は一緒です。
出力が弱いエステの光脱毛が選ばれるようになったのは、価格が安くなってきているためです。両ワキコース5,000円以下の値段で利用できる事も多く、腕などでも3万円〜5万円などそれ程高額では無いのです。最近は機械の性能も良くなってきていて、エステでも医療機関並みの効果が得られると考えている人は多いようです。