間違った脱毛の方法

間違った脱毛の方法

間違った脱毛の方法として有名なのが、毛抜きを使った方法です。最初は毛を1本1本抜くと毛が生えにくくなりやすく良い方法だと思ってしまいますが、次第に毛が皮膚に陥没してしまうトラブルが起こりやすいです。この陥没毛は毛が毛根から抜けずに途中で切れてしまうためで、生えてきた毛が真っ直ぐに生えず陥没したような状態になります。
毛抜きを使った方法は、脇毛など毛が太い箇所でよく利用される脱毛方法です。脇毛なら範囲もそれ程広くなく、カミソリのように剃った後に毛が黒くブツブツする事も無いため利用されることが多いです。実際に何度も脱毛を行なっていると、毛が生えにくくなったり毛が細くなる事はあるようで、繰り返し脱毛が行なわれる傾向があります。正しい方法で抜くことができれば、長い期間毛が生えてこなくて便利ですが、トラブルが多い方法なため避けたほうが無難です。
毛穴が目立ってぶつぶつになったり、炎症を起こして黒く色素沈着してしまうケースも見られています。どうしても毛抜きで脱毛を行なう際は、毛穴を十分に開いてから行なうようにして、毛が途中で切れないようゆっくりとひっぱる事です。雑菌が入ると炎症が起こしやすいため、入浴後などに行なうと良いでしょう。